Go to English Page us

*

バーチカルカット、イデコンポ、目土、そして散水

      2016/04/16

2016年3月26日の芝生。早朝6時作業開始前の芝生。
2016年3月26日の芝生。早朝6時作業開始前の芝生。近接撮影。
2016年3月26日の芝生、早朝6時作業開始前です。

根切り刃を装着したリョービ/RYOBI リール式芝刈機 LM-2800。
リョービ/RYOBI リール式芝刈機 LM-2800。刈り高は5mmに設定。
まずはバーチカルカット。リョービLM-2800に根切り刃を装着、刈り高(切り高?)は最も低い5mmに設定します。

バーチカルカットの途中の芝生。
バーチカルカットの途中の芝生。少し拡大。
バーチカルカットの途中、向かって右側がカット後です。薄いラインが見えるでしょうか。

バーチカルカット後の芝生の近接撮影。
近くで見るとこんな感じです。

霜で固まったサッチ。
早朝で芝生に日が差す前だったので、非常に寒く、取れたサッチも霜で固まっていました。

7時50分、バーチカルカット終了後の芝生。
寒くて休憩しながらだったので、バーチカルカットの終了は7時50分頃、ようやく日も差して暖かくなってきました。

回収したサッチ、ゴミ袋に1/4くらい。
回収したサッチはゴミ袋に1/4くらい。芝生が短いためか、サッチも少なめです。

スコッツ、ハンディースプレッダーとイデコンポの袋。
イデコンポの袋の表記。散布量:30g/m2。
スコッツ、ハンディースプレッダーに入ったイデコンポ。
次にイデコンポを散布しました。散布量は30g/m2との記載。我が家の芝生は234m2なので計算すると約7kgです。取りあえず1袋5kgを散布しました。肥料やイデコンポの散布には「種・肥料散布器、スコッツ、ハンディースプレッダー」を使用します。

ミナトワークスの手押し式種子散布機、ドロップシーダーと、刀川平和の芝の目土・床土 約25L。
続いて目土の散布。使用するのは「ミナトワークスの手押し式種子散布機、ドロップシーダー」、目土は「刀川平和の芝の目土・床土 約25L」。

玄関の前に積まれた芝の目土・床土 約25L×2袋セット。
目土は、昨日の日中に宅急便で届きました。

目土の散布の途中の芝生。
目土の散布の途中。角度を変えて撮影。
目土の散布の途中です。向かって右側が散布後ですが、見た目はあまり変わりません。

目土の全面散布の後の芝生。
目土の全面散布の後の芝生。角度を変えて撮影。
シーズン最初なので、非常に薄くですが全面に散布しました。全面散布で4袋、凹んでいるところへ追加で3袋、合計7で袋を散布しました。

排水枡の蓋の上の目土。
実際の散布量はこのくらい、効果の程はともかく気持ちの問題です。

芝生に散布された目土とアルミ製のトンボ。
トンボで全体に軽く擦り込みました。

目土の擦り込みの後の芝生。西側から撮影。
目土の擦り込みの後の芝生。東側から撮影。
擦り込み後です。

目土の擦り込みの後の芝生。近接撮影。
目土の擦り込みの後の芝生。近接撮影。
まだ枯れ芝やサッチが目立ちますが、きっとイデコンポのバチルス菌が分解してくれるはずです。

タイルデッキの上のスプリンクラーとタイマー。
机の上のタイマーと電池。
立水栓に設置されたタイマー。
散水システムも設置しました。

芝生の上のスプリンクラー。西側から撮影。
芝生の上のスプリンクラー。東側から撮影。
今年の初めての散水です。

玄関前のコニファーとシマトネリコ。
玄関前のコニファーとシマトネリコ。後ろ側から撮影。
作業の終了は11時頃。休憩もはさみながらですが、約5時間の庭仕事を満喫しました。

【4/21(木)09:59まで芝の日価格!】種・肥料散布器 スコッツ ハンディースプレッダー【あす楽対応】

価格:4,320円
(2016/4/16 19:46時点)
感想(208件)


【ポイント2倍】イデコンポガーデンEV 5kg 芝生 肥料

価格:6,800円
(2016/4/16 19:46時点)
感想(0件)


 - 我が家の芝生, 芝生の水やり, サッチングと根切り, 目土、目砂、転圧, コニファーとシマトネリコ , , , ,